喜ばれる人になりなさい

お勧め本「喜ばれる人になりなさい」

最近読んだ本で、心が温かくなりとても良かった本-永松 茂久さんの【母が残してくれた、たった一つの大切なこと 喜ばれる人になりなさい】でした。

【編集者が5回泣いた】と書いてあって印象的でしたが、私も5回は泣きながら読んだと思います。

永松さん自身の事、家族の実話に基づいて書いたドキュメンタリーエッセイは、やはり伝わるものが深いです。

最後の部分に「この本は3つの目的をもって書きました。」とありまして、とても本の内容が濃縮されてあって、少しでも響く事があったらぜひ読んでみてください。

1つめが、読んでくださる読者の方にお母さんの存在の大切さを再確認していただくために。

2つめが、母・たつみの自由奔放さを通して、今、家事、子育て、仕事をがんばっている世の中のお母さんの自己肯定感を上げるために。

そして3つめが喜ばれる人を増やしていくために。

本当に素晴らしいと思います。

自分が母としての在り方の再認識もできて、無理をしない、私は自由に私の道を行けば良し、

また、お母さんに対して、まだ生きていることに感謝して、後悔がないように親孝行していこうと思いました♡

気になる方は本をチェックしてみてください。

喜ばれる人になりなさい 母が残してくれた、たった1つの大切なこと | 永松 茂久 |本 | 通販 | Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です