ホメオパシー花粉症

花粉症-ホメオパシー対策💚

花粉症を自然療法のホメオパシー的対策、お勧めします。

本格的に花粉症と向き合いたい場合は、秋くらいから徹底的に体質改善が必要ですが、

もう、そんな事、言う場合ではないですよね、

目の前につらい症状、何とか緩和したいですね、

薬に違和感がある方なら、身体に優しい、赤ちゃんからお年寄りまで、動物にも使えるホメオパシー療法もぜひ試してみてください。

レメディーもここ 豊受モール (toyouke.com) で簡単に購入できます。

以下、私の母校のFB記事をにシェアします。

1人、立っているの画像のようです

本日、関東は久しぶりに温かい春の陽気。

気温上昇で花粉飛散が本格化という情報も聞こえて来ました。

さて、花粉症に対するホメオパシーアプローチとして、

①体内の解毒と排出を臓器サポートで高める

②症状に合うレメディーをとり、症状を緩和させる

③栄養吸収や代謝を高めるミネラルのレメディーをとる

などがあります。

今回、花粉症対策のヒントをご紹介します。

——————————————————-

①臓器のサポートとしては

(1)溜まった老廃物を解毒する、肝臓のサポートチンクチャー

(2)老廃物のろ過と排泄のための、腎臓のサポートチンクチャー

(3)血液を浄化し免疫を高める、脾臓のサポートチンクチャー

などがあります。

また腸をサポートすることで免疫が高まります。

腸内細菌サポートや発酵食品、御古菌なども良いでしょう。

——————————————————-

②つらい症状に対するレメディーは様々なものがありますので、一部を紹介します。

(1)鼻水 

Ars.(アーセニカム/ヒ素)刺激性の焼けるような分泌物

Nat-m.(ネイチュミュア/ナトリウム)サラサラの鼻水が大量

Apis.(エイピス/ミツバチ)ホメオパシー版抗ヒスタミン

(2)鼻詰まり

Nux-v.(ナックスボミカ/マチンシ)過敏性、鼻詰まり

Merc.(マーキュリー/水銀)粘膜の炎症、破壊傾向

Apis.(エイピス/ミツバチ)ホメオパシー版抗ヒスタミン

(3)目の痒み

Euphr.(ユーファラジア/コゴメグサ)目と鼻の粘膜の炎症、

All-c.(アリュームシーパ/たまねぎ)目の灼熱感、無刺激性の涙、鼻水にも

またアレルゲンのレメディーとして

Mixed-poll. (ミックスト・ポーレン)ハンノキ、シラカバ、ブナブタクサ、ヨモギ、アブラナ オオバコなど

Mixed-poll-g. (ミックスト・ポーレン&グラス 花粉と草)Mixed-poll. に草の花粉(エニシダ、カモガヤなど)が加わったもの

Sugi (日本・海外のスギ花粉)、Hinoki (日本のヒノキ花粉)、Pine-p-j (日本のマツ花粉)

なども良いでしょう。

——————————————————-

③栄養吸収や代謝を高めるミネラルのレメディーとしては

(1)Nat-m.(ネイチュミュア/ナトリウム)水分代謝、鼻水

(2)Kali-m.(ケーライミュア/塩化カリウム)粘膜、炎症、リンパの腫れ

(3)Ars-iod.(アーセニカムアイオド/硫化ヒ素)アレルギー傾向を減らす

などなど、様々なものがあります。

ミネラルのレメディーは奥が深いので、

来月上旬に再配信予定のバイタルエレメントの3回講座がおすすめセミナーになります。

——————————————————-

また花粉症セミナーの再配信も含めた3月の再配信スケジュールは今後順次アップします!

お楽しみに!

▼CHhom 3月の再配信スケジュール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。