一人焼肉

いつも言われる【I love you] って♡

ちょっとのろけ話ですが、

昨日、子供の習い事の合間にスーパーに寄ったら、美味しそうなお肉があったので、

ちょうど夫も出張でいないし、一人時間楽しもうと思って、家で一人焼肉をすることにしました。

初めて、一人で炭に火をおこして、途中で炭が弾けて、パンと音がして、炭が周りに散らかって、娘が怖がっている中、私も怖かったけど、大丈夫と言いながら、何とか炭に火がつきました。

いざ、一人焼肉スタート、

焼肉は絶対炭火派の私にとっては、やはり、炭火焼きは美味しすぎ♡

嬉しくなり、一人焼肉画像を夫に送りました。

写真は載せるつもりじゃなくて、普通に撮ったらこんな感じに、

キムチを作ろうとした買った、白菜と大根が一緒に写ってる^^

一人焼肉の写真送ったら夫からすぐに電話がかかってきて「いいね、一人で、美味しいの?ハハハ、楽しいね、I love you♡」と、言われた

で、「今、自分が言ってる言葉を皆も聞いてるよ」って、(夫も会社の人と飲んでる最中)

いつも、言われる言葉だけど、皆の前でも堂々と【I love you】言える夫、すごいな~♡

夫はよく周りから、【夫婦仲良くする秘訣】などについて、相談を受けているようだけど、さすが、と、自分の夫だけと、私も思いました。

この写真は自己満足で撮ったけど、夫には送ってない^^

(しつこくないよ、夫が飲むとき基本私はメールも電話もしない、一人焼肉画像は自分が満たされすぎて共有したつもりで送っただけ)

それで、最近すごく確信している事がある、

やはり、自己発電できる人は幸せ度が高いとの事、

例えば、夫がいてもいなくても、私の幸せは私が作るし、

夫がいるなら、いるなりに楽しいけど、いなかったらいなかったなりに私は一人で楽しむ

夫も、私がいつも楽しそうにしているから、早く家に帰りたいし、気分が楽だと思う、

程よく、自立している女性は、愛される♡

あなたがいないと、困る、生きていけないとかは、お互い重すぎる

成人になったら、誰も誰に頼ることなく、自分の人生は自分で作っていきましょう

私が好きな四字熟語の一つに【内剛外柔】がある、私はこのような女性が好きで、自分も目指している💚💗💛

たじま高原植物-千年水

一人旅4日間-4/4

今回最終日宿泊したのは、神鍋ペンションマウントクックで、とても優しい夫婦が経営するペンションでした。

夕食も朝食もとても美味しく山に囲まれた環境で、朝はみんなで 神鍋山登山と2万5千年前にできた噴火口を散歩しました。

朝のお散歩、気持ちよいですね。

山頂では雲海も見えていて、ここでもみんなで飛びました^^

飛び上がる準備の瞬間、

いざ、飛ぶよ~って、

右1番は今年55歳のるみ子先生ですが、おへそ出しながら飛んでいて、みんなで大爆笑でした^〇^

その後は魔法使いの医師-能見登志惠先生の、とちの実健康倶楽部クリニックへ、見学しました。

健康になるグッズがたくさんおいてあって、みんなでいろいろ試すのに夢中でした。

最近つくづく思うのですが、本当に患者さんの事を考えて、目覚めている医師は、西洋医学だけに固執せずに、西洋医学も東洋医学も自然療法も違和感なく受け入れている、心柔らかい医師が増えています。

素敵なことですね。

先生の診療所を出てからは、たじま高原植物園に行きました。

ここは予想以上に特別な場所で、ただの植物園ではなく、兵庫県観光百選の第1位にも選ばれている素晴しい高原でした。

なかでも、大かつら木があって、なんと【千年水】がそのカツラ木の真ん中を流れています。

但馬高原植物園では日量5,000tの湧水が園内を流れます。 この流れは当園のシンボル「大カツラ」の木が瀞川山から呼び寄せています。 太古より滔々と営みを留めることのない千年水。 夏でも水温が10度前後と、ひんやり冷たいこの自然水によって、多くの動植物が生かされ、また地域の生活にも欠かせないものとなっています。

以下はたじま高原植物園の説明分です。

本当においしい水で、ここに住みたいくらい感動しました。

さて、お別れの時間が近づいてきました。

4日間みっちり一緒だった、先生と皆さんとお別れです。

私は、自分があっさり系の人でお別れは別に寂しいと思わあかったですが、いざ、八鹿駅で解散の時が来たら、なぜか涙が溢れ出ていて、びっくり!私の心が(魂が)とても楽しかったからこそ、身体の素直な反応だと思いました。

4日間、一人旅だと言っても、向こうにはたくさんの仲間がいて、とても充実した楽しすぎた4日間でした。

今回のすべてのスケジュールが最高に良くて、今回行ったすべての場所は必ずまた行きたいと思いました。

次回は家族で行きたいな~

るみ子先生の家に泊まりながら、アーユルヴェーダの予防的治療も受けたいな~

私と娘はいつでも行けますが、夫はどうかな~時間作ってくれるのかな~

4日間、夫と娘はとても仲良く過ごしたそうです。

友人の家に遊びに行ったり、娘は1泊幼稚園の時から仲良しちゃんの家に泊まったり、家族と周りの方のお蔭さまで、4日間最高に楽しい、私の時間を満喫できて、感謝でいっぱいです。

るみ子先生と90歳のお父さんと

一人旅4日間-3/4

アーユルヴェーダのリトリート3日目も、朝5時に起きて、アーユルヴェーダ式朝のセルフケア-オイルうがい(ガンドゥーシャ)などをして、この日は6時からオームチャンティングヨーガをみんなで輪になってしました。

朝からとてもすがすがしい気持ちになり、朝食を

この日はるみ子先生の特製-若返りジュース・オージャスジュースを作ってくれて、とてもとても美味しかったです。

栄養満点の朝食を食べてから少し庭でお散歩したり、ザクロを取ったりしました。

私はザクロが大好きで、前日から何個も食べてました。

この日はるみ子先生のお父さんとはお別れなので、庭で話を聞いたり、写真も撮れました。

なんとこの後お父さんはゴルフへ行きました。

90歳でもゴルフもできる、元気さは最高ですね

るみ子先生とお父さんはお互い尊敬し合う素敵な親子関係でした。この写真すごくほっこり癒されて好きです。

その後はみんなで、ネートラ・タルパナ自分用の土台を小麦粉で作りました。

ネートラ・タルパナは昔スリランカのアーユルヴェーダの施設でやったことがあるし、セラピスト講習の時に学んでましたが、その後はやってなくて、とても久しぶりでした。

ネートラ・タルパナは、通常のアーユルヴェーダセラピストでもやってはいけない行為で、医師の指導の元でないとやることができないので、今回はとても貴重な経験でした。

私はこの施術がすごく好きで、やった後は目がキラキラ光ります。

目を開けたり、閉じたり、瞳を上下左右に動かしたりして、一瞬で目が浄化される感じです。

その後は、枇杷灸の体験をしながら、少し休みました。

お昼前に約1時間くらい車で移動して、美味しいランチを食べて、立岩ビーチで散歩したり、海が見える素敵なカフェで、お茶したり

まったり楽しかったです。

みんな笑顔が素敵すぎ、

私は大人数の集まりとか旅は苦手ですが、今回は女子ばかりでしたが、自分時間も十分とれたし、楽しかったです。

3時のお茶のタイムに寄ったこちらのカフェ、海が見える絶景でした。

京丹後市丹後町の間人(たいざ)

地中海のような雰囲気の入り口、まるで絵のようでした。

ここはまた絶対行きたいカフェと海でした。

BLUE ROCK cafe-ブルーロックカフェ-間人

ここでゆっくりしてから、間人から神鍋のペンションマウントクックへ移動して、この日も温泉行って、夕食食べて、みんなでおしゃべりして、いつもよりちょっと遅めに寝ました。

いよいよ、次の日が最終日、最終日も盛り沢山で楽しかったです。(続きます)

アーユルヴェーダの治療

一人旅4日間-2/4

ここではアーユルヴェーダの生活の体験で、早寝早起きが基本です。

アーユルヴェーダでは、日の出の96分前が一番宇宙からの叡智が降り注がれている時間帯だそうです。

そこまで早起きができなくても、この日の予定は5時40分から【比沼麻奈為神社】(ひぬまない)へ行くことでした。

神社は朝一参拝が一番気持ちよいですね

向かい側にある【神谷磐座】

ここはとてもとても特別な場所で、巨大な石の聖地で、圧巻の存在感と、巨石の配置は意図的で、約4000年前のエジプトのピラミッド文明やミュメールの文明と同じように、星や太陽と関係しているようです。

磐座(いわくら)と呼ばれる巨岩(高さ5メートル、周囲10メートル超)で、中央部には割れ目があって、割れ目の隙間からさす朝日の角度で、田植えなど農作業に適した時期を知ることが出来たと伝わり、地元では昔から親しまれたようです。

この割れ目が、人気漫画「鬼滅の刃」に出てくる岩に似ていると、最近と話題になっていたり、不思議な場所でした。

その後、月の輪田にも寄りました。

朝からとてもすがすがしい気分になり、みんなでインド式朝食を食べました。

お米の粉を発酵して作ったこの白いパンみたいな餅はとても美味しかったです。

さ、ここから二日目は主にアーユルヴェーダの医師である、るみ子先生の治療体験でした。

実は私、アーユルヴェーダのセラピスト資格も持っているし、先生からアーユルヴェーダの基礎講座も1年くらい受けていました。

先生が東京で鍼灸学校に通っていた時は、先生のお家を借りて、セラピストの実践の練習をしたりもしました。

懐かしいな~

先生はインドのアーユルヴェーダの大学で、アーユルヴェーダの医師になったし、鍼灸師でもあります。

先生の治療は、アーユルヴェータ的オイルマッサージ「アビヤンガ」と、針とお灸、吸引などを使ったホリスティック治療で、その時その人の体に一番良い療法を組み合わせで施術をするので、とてもパワフルです。

この日はとても久しぶり先生と私が大好きな美由紀先生のアビヤンガを同時に受けて、その後すぐに近くの温泉に行って、発汗するコースは最高でした。

午後はまた、魔法を使う医師 能見登志恵先生のフラワーエッセンスを受けたりもして、贅沢でした。

この日の夜はインドに1年半住んでいた、まり子先生がインドでの儀式祈り(プージャ)も披露していただき、特別な夕食でした。

夕食はまり子先生手作りのインドカレーでした。

とても美味しかったです。

近いうち、まり子先生から本番インドのカレーを作るお料理教室を希望したので、実現すると思います。

楽しみです。

続き、3日目の記事です。

アーユルヴェーダの目にオイルの入れるネトラバスティをやりました。

一人旅初日-天橋立

一人旅4日間-1/4

たまには家族を置いて一人旅、いいですね、

私は家族がいるからこそ、一人時間が必要だし、

お母さんだからこそ、年に1回くらいは堂々と一人旅、しちゃいます。

今までも一人旅は毎年1,2回はしているし、昨年は屋久島だったし、今年は特に考えたわけではないですが、

偶々、私が大好きなアーユルヴェーダの医師である澁谷るみ子(安藤るみ子)先生のリトリートがあったので、ちょうど良いと思って行くことにしました。

この時、私はとても、当たり前のように(もちろんすごく感謝はしています)、夫に一人旅行きたいと、相談し、許可をもらいます。

娘にも、仕事だから、用事があるからで、ごまかさずに、【お母さんは一人旅行ってきます】と、はっきり言います。

娘もそれを嫌がらず、会う人会う人に「今はお母さんは一人旅中」と、学校の先生にも言うし、習い事の先生とか友達にも言っていました。

いざ、出発、気分は、るんるんです。

新幹線でふっと窓の外をみたら、富士山がバッチリ

富士山はいつ見ても、気分が上がります。雪景色の富士山はより一層綺麗で感動しました。

今回の待ち合わせ場所は、天橋立駅、

千葉県に住んでいる私にはかなりの距離、東京から京都まで新幹線で、京都から天橋立まで特急電車で2時間ちょっと

朝7時半に家を出て、天橋立に着いたのは、午後の1時半

それなりに疲れたはずですが、旅の興奮でそこまで疲れを感じずに、駅でるみ子先生とやっと会えて、すごく久しぶりだったので、嬉しかったので、抱き合う♡

早速、先生は、天橋立の智恩寺の智慧のの輪で、輪をググる技を披露しました。いつも元気すぎる55歳の先生^^

今回リトリートは8人だったので、みんなと顔合わせをしてから、早速、天橋立を自転車で横きり走って、途中で海に入ったり、みんなでワイワイが止まらない

アーユルヴェーダの医師・澁谷るみ子先生と

眞井神社にも行って、不思議なパワーを感じたり

楽しい~

その後は、早速車で1時間くらい離れた先生のお家へ

実は先生のうちにはみんなが大好きな90歳のとてもパワフルで元気なお父さんがいます。

今回のリトリートのために、90歳のお父さんが庭の木に登って枝をきったり、庭の掃除をしたり、行く前から先生のFBではかなり話題でした。

お父さんがカッコいいスーツを着て、カメラを構えて、迎えてくれました。

お父さんはとても元気で、築200年以上お家についていろいろ説明をしてくれました。

るみ子先生のお家は、とても広くて、素敵でした。

お花も綺麗に水に浮かせて、私たちを迎えをしていただき、お心使いとても癒されました。

るみ子先生のお家で、チャイを飲んで、一息ついて、みんなで近くのシルク温泉へ行きました。

昔、ここはシルクを作る町だったようで、それと関係ある名前かはわからないですが、

シルク温泉は肌がつるつるシルクのようになる魔法の温泉だそうです。

とても気持ち良い温泉でした。

帰ってきたら、お家でお膳が用意されていました。

インドに1年半以上滞在していたマリ子先生の手作りでした。

とてもとても美味しかったです。

その後、夜はみんなで大部屋で寝ました。

いつも天真爛漫で明るすぎるるみ子先生です。

次、二日目に続きます。

ライオンキング

ライオンキング3回は見る

もう11月、今年も残り2か月、早いですね、

毎日大したことはしてないですが、なんだかんだ忙しくて、あっという間に時間が過ぎていくような感じです。

そんな中、最近、私と娘の間で話題になっている、ミュージカル・ライオンキングですが、

1回見て、あんまりにも良くて、次の週には夫と友達家族も巻き込んで2回見ましたが、

やはりすごく良くて、3回目みようとして、今日もライオンキングのチケットサイトを何回もチェックしています。

車に乗っていても、家の音楽も、朝から晩まで娘の歌声も全部ライオンキングの歌のみです。

毎日娘が、いつもう一回見るの、いつ見るの?と、ちょっとしつこいぐらい、うるさいので、

でも、私も、もう1回見ても良いかな~と思うくらい、すごく迫力があって、完璧な構成で、人を魅了する、お勧めミュージカルです。

私は好きな映画は何回も上映中に映画館で見るのですが、

ミュージカルも、同じだな~と、思っていて、それが娘もそうなっていて、家族って似ていますね!

このミュージカルは、まだまだやっているようですので、予定が合う方はぜひ、一度見てみてください。

ミュージカル『ライオンキング』作品紹介 | 劇団四季【公式サイト】 (shiki.jp)

第22回JPHMAコングレス

第22回日本ホメオパシー医学協会(略称JPHMA)コングレス、自宅で無料で見れます

今の時期だからこそ、より多くの人がみて欲しいので、私の母校の活動をシェアします。

10月9日(土)10日(日)二日間に渡り世界の第一線でコロナに立ち向かう療法家たちと繋がって、今の現状、これから私たちの生き方に向かって何かヒントになる事が多いと思います。

東京、大阪会場で参加しても、リアルタイム(再配信あり)で参加しても無料で見れますので、ぜひ登録して、情報をケットしてください。

申し込みはこちらからです。

10/9(土)・10/10(日)第22回 ホメオパシー学術大会 JPHMAコングレス (homoeopathy.ac)

また、先日10月2日開催したプレコングレス、まだ無料で見れます。

私も当日見れなくて、本日見ていますが、すごく勉強になります。

以下の文章は学校のサイトからシェアです。

本日はコングレス直前プレイベントとして「ZENホメオパシー、自然な生き方でがんを乗り越える」が開催され、現代医師からの癌治療の現状、がんサバイバーの体験談、ホメオパスとしての癌の症例発表、寅子先生による「がんを乗り越える」特別講演と様々な切り口でのイベントとなりました。

酒向猛医師 【医師として癌と癌治療についての考察】

現代医学の医師からの最前線の癌治療の現状や、がん剤の歴史とロックフェラー財団との関係のお話はショッキングな内容であり、会場を驚かせました。

高宮義和ホメオパス 【体験談 10年前に自身が患った精巣腫瘍】

自身が体験した癌の経験を包み隠さずお話頂きました。自分自身を虐めて苦しめた結果、精巣腫瘍が発症しましたが、亡くなったお父さんからの「生き方、考え方が間違っているんだよ」というメッセージを受け取り、この苦しみの中で得られた気付きは「癌は恐ろしいものでない」という、勇気を与えるような発表でした。

増田敬子ホメオパス 【体験談 神様からのギフト】

今まで語られなかった増田先生自身の体験談。自身の人生をふりかえり涙ながらに思いの内を語られました。寅子先生の相談会を受け、自分の中に優秀インチャがあったことに気づき、そして増田先生が感銘を受けた「がんが自然に治る生き方」を実践する中でその後再発、転移なしの検査結果となりました。「今を生きる」「癌は神様からのギフトだった」と大切なことをお伝え頂きました。

工藤聖子ホメオパス 【末期がんの父を看取ったご自身の体験談】

お父さんの看取りと、自身のインナーチャイルドと向き合った体験談。「勝たねばいけない」というこれまでの生き方から「負けてもいいんだ」と自分を許し癌を受け入れるようにというアドバイスをした寅子先生の相談会がお父さんの心の救済になりました。「自らの命を通して、私にたくさんのことを教えてくれて、成長の機会をくれた父と父の癌に、心から感謝しています。」体験談を通して皆様に大切なメッセージを贈っていただきました。

松尾JPHMA会長「ホメオパシーから見た癌の見解」として 

50代男性の肺がんの治癒ケースを紹介しました。JPHMA会長でもある松尾ホメオパスには多くのガン患者を抱えていらっしゃいます。松尾先生の経験の発表はホメオパシーの可能性を十二分に示していただけました。

最後を飾る寅子先生の発表では、癌の霊的見解について、癌の意味をお話しました。本音を押し殺して粗末に生きて来たことや、乱れた感情をインチャ癒しせずに抑圧して来たことが癌を作り、それでも癌は「愛されたい」というインチャがあることを教えてくれているということでした。

こちらから申し込みできます。

10/2(土)ZENホメオパシー、自然な生き方でがんを乗り越える《日本ホメオパシー医学協会主催:プレコングレスイベント》 (homoeopathy.ac)

今、日本人の2人に1人は発症すると言われる、国民病とも言える「がん」について、ZENホメオパシー、自然な生き方でがんを乗り越えるためのヒントをお伝えします。
がんが改善したケース、がんを乗り越えた方や、今向きあっている方の体験談、家族のがんと向きあい気づいた体験談、医師が考えるがんについての考え方など、まだ見れますので、良かったら皆さんも見てみてください。

昨年は私もこのコングレスで発表をしましたが、今年は先輩たちの活動を聞きながら、これからの自分の役割とかも考えようと思います。

日本ホメオパシー医学協会学術大会
日本ホメオパシー医学協会学術大会

今は情報が溢れる社会ですが、私がいつも思うには、表の情報も裏の情報も両方知ったうえで、自分はどうしたいかを決めると後悔が少ない人生を力強く生きれると思います。

泊まれるワイナリー・カーブドッチ

新潟のワイナリー【カーブドッチ】でデート

娘が一人で沖縄ホームステイに行った週末、久しぶりに夫婦でデート

一人でホームステイ3泊4日の沖縄のある島へ、

夫と日本で初めてちゃんとしたデートをしたのは、実はワイナリーでした。

その時、自分たちでぶどう狩りをして、そのぶどうでワインを作ったのを、後日送ってくれてました。

懐かしいな~

今回は、最近知ったこちらの泊まれるワイナリー、すごく気になって、夫はいつも忙しいから娘と行こうと思っていましたが、ワイナリーに娘を連れて行くのは、どうかな~と、悩んでいたら、急に沖縄のホームステイに行くことになって、これはチャンスだと思って、無理やり夫にお願いをして、時間作ってもらって、行くことになりました。

ワイン好きならみんな知っているらしい、カーブドッチ、泊まれるワイナリーとしても有名らしいです。

部屋の目の前がぶどう畑で、大自然に囲まれた贅沢な場所でした。

着いてすぐにワイナリーの見学になりました。

ちょうど今、仕込んだぶどうが発酵していて、ぶくぶく発酵の音が聞こえていて、大地のパワフルさを感じて、わくわくしました。

ワインの倉庫には、創業以来のワインがずらりと並んでいました。

ワイナリー見学後は、カーブドッチの代表的なワインを何種類か試飲していただき、どれもとても美味しかったです。

あ、そう、ホテルチックインする時のウェルカムドリンクは、ここの名物【アルバリーニョ】でした。

スペインの【アルバリーニョ】品種のぶどう栽培に成功し、今は力を入れていて、いつかはアルバリーニョがここのワイナリーを背負って立つブラントになるようです。

この畑がアルバリーニョ品種のぶどうです。

敷地内ないろんなお店やカフェた立ち並んで、天然温泉もAVEDAのスパも入っていて、一日ここで遊べるようでした。

温泉は本当に気持ちよかったです。

一番楽しみにしていたのは、ワインと楽しむ贅沢ディナーでした。

ここでは、ワインに合う料理ではないく、ワインに合わせた料理を提供しているレストランで、さすがワイナリーならではの斬新的な発想でした。

コース料理の始まりは、まさかの地下のワインの貯蔵室から始まっていました。

良い演出で楽しかったです。

その後は次々とワインが注がれて、それに合う料理が次々と出されていて、

飲むのは好きですが、たくさんは飲めない私の目の前はこんな状態になりました。

どれも美味しく、味の特徴があって、こんなに楽しくたくさんのワインを飲んだのは初めてでした。

次の朝の朝食もとても美味しく、ぶどう畑をたくさん散歩して、ぶどうのたくさん食べれて、とても満足した旅でした。

家から車で5時間くらい、ちょっと遠いですが、夫婦で行けてとても良い思い出になり、ここに行ってから夫もワインが好きになり、ワインを買ってきて家で飲む日が増えています。

しかも、私の好みもわかっていて、自然派ワイン、オーガニックワインを選ぶセンスも出てきて、嬉しいです♡

良かったら皆さんも行ってみてください。

新潟のワイナリー カーブドッチ・ワイナリー (docci.com)

ウミガメと泳ぐ

ついにウミガメと泳ぎました♡

こんなバランスよくおいしい朝食を食べて

いざ、座間味村の海へ

みて、こんなに綺麗な海、本当に感動しました。

那覇から高速船で約50分くらいな場所にこんなに透明で透き通ってる海があるなんで、もうここに住みたくなりました!くらい好き。

で、娘の願いでもあった、ウミガメに会いたい、一緒に泳ぎたい夢が、ついに!

実現しました♡

この日は特にウミガメが多くて、たくさんのウミガメに会えて、近くて泳いで本当にラッキーでした。

ウミガメって、本当に癒されますね♡心も体もほっこりでした。

座間味村の海にはサンゴもたくさんあって、とてもきれいな海の世界を娘に見せることができて、座間味村にいる二日間何回も海に潜りました。

夏休みはこれから座間味村で過ごそうかな~とも思ったりして、夢が膨らみました。

座間味村での二日間はとても濃い時間を過ごしていました。

帰りの飛行機では、禁酒時代の世の中、空の上ではシャンパンが飲めて、最高な締めくくりになりました。

で、今ブログを書いてる9月本日の朝、今度、娘一人で、夏休み三度目の沖縄へ旅立ちました。

今回は国内留学の練習がてら、沖縄のある島で、ホームステイします。

私は、久しぶりに独身時代に戻ってようで、気分最高です。

仕事を終えたら、一人で温泉行って、あかすりとマッサージを受けてリラックスしてきます。

座間味村で星空フォト

座間味島で星空写真

今年の夏休みやりたかった事一番に、宮古島で星空フォトを撮ることでした。

今回の沖縄も、宮古島に行く選択もできたはずですが、何となく、座間味村が頭に浮かんで、

宮古島は行くかどうか迷ってましたけど、座間味村という情報を知っただけで、何の迷いもなく決めてました。

しかも、座間味村で星空フォトを撮れるとは全く思わず、ただ綺麗な海でウミガメに会えたらいいな~くらいの感じでした。

この感覚、私にはすごく大事で、すべて基本直感で動くし、

やりたいけど、うん~、どうしよう、と迷ってる段階では基本まだ手を出さず、

知った瞬間に、後先考えず、(予定とか、お金とか、できるかどうかとか、何も考えず、)とりあえず瞬時に決まることがその時のベストな選択でした。

今回は那覇の泊港から座間味村に向かってる船の中でふっと、予約したホテルの名前を思い出せなくて、インスタグラムで、座間味と検索したら、なんと、【座間味村星空フォト】と、目に入って、(え、座間味村でも撮れるの???)と、思って、すぐメッセージを送りました。

本日から2泊しますが、星空フォト撮りたいです。と!

そしたら、タイミングがバッチリで、その日に夜に、こんな写真が撮れました

本当に綺麗な星空で、人生初めてこんな宝石箱みたいな星空を見ることができて、天の川もバッチリでした。

この天使の絵はアプリで作ったのではなくて、実際写真撮りながら光るペンで書いてましたよ

写真を撮ってくれた、将太さんは星にもすごく詳しくて、たくさん星の名前の教えてくれて、私の星座-さそり座もバッチリ見えました。

すごくすごく感動して、天の川が綺麗に見れるのは9月までで、まだ満月前後は星空写真が綺麗に撮れなかったりしますが、

この日は、満月過ぎて5日くらいだったかな~

この日、9時過ぎにお月様が現れる時間で、お月様が出てくるタイミングに合わせて、この場所に行って、

こんな幻想的な写真も撮れました。

すごく神秘的♡♡♡

実際、生で体験する星空、天の川、お月様が出てくるタイミングなど、今年初めにコスミック・ダイアリーでお金をかけて勉強したものの、全然頭に入らなかったのが、一回の体験でスッと理解できるようになって、やはり体験が大事だな、改めて思いました。

座間味村について一日目、ホテルもすごく良くて、ディナーも豪華なフレンチで娘と私はテンション上がりパなしでした。

こんなディナーを食べてからの星空タイム、もう最高すぎました。